忍者ブログ
俳優(声優)・樋口あかりの血管の中が沸騰するようなしないような日々についてのブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ただいま午前2:17分。

ブログ更新はたいがい丑三つ時にしています。
あ、別に狙ってこの時間にしているわけではないのですが、
ちょっと書き始めてふと時計を見ると、
何故かいつも2:00台なんですよね。


とけいが なります ボンボンボン. . .
こんな じかんに おきてるのは だれだ?


お れ だ ( ゚д゚)/






さて、出演告知!
...と言いたいところなのですが、
告知解禁までもうちょー...っとお待ちください!
何作品か一気に告知できると思います。
中には「え、樋口、こんな役できんの?大丈夫?」
みたいなものもあります(笑)
歌を歌った作品の告知も、もう間もなくです。

乞うご期待☆


ということで、夜もふけきってしまったので、
おばけのせかいへとんでいきます。

さようなら。



↓ 遺影


 

拍手

PR
ただ単にタイトル思いつかんかっただけですすみませ!

つい最近、バトル・ロワイアル(邦画)を観ました。
定期的に観たくなるんですよね。
心が落ち着くので。
山本太郎、かつてあんなに合っている役があっただろうかというくらい、
川田役にピッタリですよね。
柴咲コウも素晴らしい。
私もあれに出たかった。
血まみれになって銃を乱射してみたかった。
または、脳天に鎌ぶっ刺されて派手に死んでみたかった。
もしくは最後まで生き残るも、ラストで静かに死んでみたかった。

あと身毒丸(武田真治バージョン)もしょっちゅう観てます。
思えばこれが、「母の呪縛」というものに気付くキッカケになった作品でした。
今となっては呪縛からは解かれましたが、
まだ私の足首には、囚われていた時の鎖の輪が残っているのです。
だから時々それがジャラリと音を立てる。
そしてハッとさせられるのだが、今はもうどこにも繋がれてはいない。
自由なのだと。
鬼はもういない。
少なくとも私の視界にはいない。
再び囚われることのないように。
二度と負のオーラに飲み込まれることのないように。

今なら堂々と立ち向かえる自信が

ある。





拍手

「ねぇねぇ、根津神社の乙女稲荷でお参りすると
両想いになれるって知ってた?」

「えー、うそー」

「ほんとだってー。だってね...(ヒソヒソ)」






夕方、ふと思い立って、根津神社に立ち寄りました。
根津神社の予備知識はゼロ。
何も知らないまま、薄暗い中に立つ鳥居をくぐり、そのまま中へ。
時間はすでに19時ちょっと前。
人はほとんどおらず、かなりの勢いで静かでした。

奥まで歩いていくと、赤い鳥居を発見。





入り口には「乙女稲荷」と書いてある。

乙女?あ、縁結びかなんかか。

なんとも安直な推測をしつつ、そのままずずいと中へ。
これ、写真ではやや明るく写ってますが、実際はもっと暗かったんです。
まさに「夕闇通り探検隊」的空間。
自動的に、カスカちゃんのBGMが脳内再生。



ん?まだまだ奥に鳥居道が続いている...?



パノラマイベントで出てきそうな絵でしょう??(笑)
背後からクスクスと、少女の笑い声が聞こえてきそうです。
私だったら、振り返....ることが、できるかどうか ((( ;゚д゚))

(ちなみに、この先の鳥居道をずーっと歩いていくと乙女稲荷が見えてきます。夕闇の中に怪しげに浮かび上がっていたお稲荷さんをパシャリするのはちょっと気が引けた為、肝心の場所は撮れず(´・ω:;.:...)



そして、誰もいない屋台通り。



なんだか異世界に紛れ込んだ感が満載でした。
千と千尋的なね(笑)




ちなみに「乙女稲荷」。
帰宅してから調べてみたのですが...

<とある写真家さんのHPより引用>



乙女の名を冠する由来であるが、これは祠の奥に深い穴があって、
これが女性器の象徴と認識されたことによると云う。
現代人の我々は、おおっぴらに性器の話などするのは、
はしたないと感じる習慣が身に付いているけれども、我が国の風土が、
元々こうしたことに非常に大らかであった事情は、
古事記でも読めばすぐに解る。
生殖は新たな命を生み出す行為であるから、
これが五穀豊穣を願う祀りと結びつくのは自然なことであらう。
稲荷神社の総本社は京都の伏見稲荷大社であるが、
此処では稲荷神、宇迦之御魂神は女性とされている。
命を産み育む女性が、豊穣のシンボルとされるのはよくあることで、
乙女と稲荷はまことに似つかわしい取り合わせなのであろう。


なーるほど。
写真撮影をためらうわけだ(笑)
そして、訪れれば両想いになれるとか、
そんなファンシーなご利益があるというわけでは全然なかった(笑)

乙女稲荷殿、御免。



「乙女稲荷の噂<了>」




拍手

こんにチワワ。

今日は出先から更新。
普通に働くビジネスマンみたいなことをやってみてます。

カフェでPC開いてキーをカタカタ打ってると、
仕事してる雰囲気が出ますね。
しかも今日はスーツだから余計。
え?なぜスーツなのか?

今日はね、飛び込み営業に行くのよ(どーん)

正確には、事前にメール飛び込みをしてその後、
正式にお約束をさせて頂いたということなのだけれども。

最初はほんとに飛び込もうかと思ったのだけれども、
やはり怪しまれるのは目に見えています。
しかもいきなりやってきて「私、声優なんです」とか、
怪しさ大爆発ですよね(笑)
しかもフリーですから、自称声優だと思われる可能性大。
いや、100%自称だと思われることでしょう(-_-;)
その証拠に、いまだに私の知り合いで、
私が声優だとハッキリ理解してくれていない方もいます(笑)
最初に名刺を渡しているにも関わらずです。
で、ついこの間やっと分かってくれたみたいで、

「え!テレビからあかりさんの声が聞こえてくるんですか!?嘘っ!?すごくないですか!?」

とか言われる始末(´・ω:;.:...

色々と複雑な思いを抱えつつ(笑)、私は、
「自称声優と思われないための演出」について、
考えを巡らせるのでした。

そんな演出なんていらないと思うんだけれども、
やっぱり多少は...必要なのかもしれませんね...。



〜つづく(かも)〜



拍手

はい、またしてもご無沙汰です(笑)
やっぱりブログ(日記)を続けて書くというのは難しいですね。

どうしてもね。
徒然に書くというのが苦手なんですよね。
できればちゃんと読み物として成り立つものを書きたいと。
思うのです。

ーと。
いっつも侘びと言い訳から始まるこの「さまよえる蒼いHIGUCHI」も、
気がつけば、開設して早5年?近く経ちましたでしょうか。
(もっと経ってる?)

一番最初の記事から読んでくださっている方も、
途中からいらしてくださっている方も、
ありがとうございます(*^_^*)
そして、いつも拍手コメントをくださっている方、
応援コメントをくださった方、
全て大事に読ませて頂いております♪
ありがとうございますm(_ _)m


さて。
最近また地震が続いておりますね。
緊急地震アラームもあまり鳴らなくなった今日この頃、
みなさん如何お過ごしでしょうか。

ついこの間は、関西方面で大きめの地震がありましたね。
ちなみに三重の両親からは特に何の連絡もありませんでした。
また父が自分だけ逃げようとしたんだろうなぁとか思って
その旨メールしてみたら、案の定(笑)

以下、メールのやり取り
(※はツッコミです)


---------------------------------------------

<タイトル/地震>

大丈夫やった?
オトン、また一人で逃げようとしたんちゃうか?(笑)

------------------------------------------------
マサオ(父)からの返信
<タイトル/無題>

ありがとう。まったく、揺れは感じなかったけど携帯の、緊急地震速報

------------------------------------------------
(※カットアウトな上に句読点の位置がおかしい)


ヒロコ(母)からの返信
<タイトル/Re:地震>

そう メールせないかんなあと 二階から ダダダ と下りてきて外から  お母さん地震や はよ 外に出ない  とさけんどったわ 何かわけわからんし 起きたけど外静かで誰も居らんだよ 携帯に入ったみたい

-------------------------------------------------
(※ 携帯に何が入ったの???てかきちんと句読点を打って改行するように)


マサオからの返信
<その2/無題>

ありがとう。まったく、揺れは感じなかったけど携帯の緊急地震警報で起こされてお母さんを起こしに階段を走りました。お母さんは寝ぼけていてなかなか起きてこなかったわ。それでほっといて外へました。想像どうりです。たまには近況を知らせる電話でもかけてくるように。パソコンのわからんことがいっぱいあっておしえてほしいことがいっぱいあるんやけど。

-----------------------------------------------------------
(※ 「外へました」→「外へ出ました」「想像どうり」→「想像どおり」  てか最後の方漢字打つの諦めてるしまず改行せぇよ。分からんのやったらそっちからかけるように。)







とまぁ、なんとも樋口家らしい感じでね。
それぞれが自分のことしか考えてへん、ていうね(笑)

そう、マサオはずっと前にも、
大きめの地震が来た時、家族を置いて一人で風呂場に逃げ込むという
前科があったらしいのです。
その時私はすでに上京していた為、現場を見ることはできなかったのですが、
妹がハッキリと見ていました。

妹談:「日頃から薄々、人でなしなんちゃうかとは思ってたけど、ほんまやったわ。ちょっとびっくりした」

と、笑いながら報告してくれました。
そう、笑いで済まされる。
それが樋口家クオリティ。


まぁね。
土壇場になったら人間正直になるものですよね。
誰もマサオを責めないよ。(ちーん)
そんなマサオはよく、

「家族っていうものはな」

などとおもむろに話し出します。

みんな( ゚д゚)ポカーン&失笑。




てゆーかまぁとりあえず改行しる(´・ω・`)



拍手

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
コラム/声優への道
樋口が通った声優養成所についての回想記事を書いています。好評連載中!(※ facebookの「STORYS.JP」というアプリに登録することで、全文読むことができます。
カウンター
プロフィール
HN:
樋口あかり
性別:
女性
職業:
俳優/声優
趣味:
ファミコン・昆虫観賞
自己紹介:
主に吹き替え・ボイスオーバー等の仕事を中心に活動しております。


<主な出演作品>

☆吹き替え☆

●イ・サン
 嬪宮(ピングン)
 孝懿(ヒョイ)王妃 役

●コバート・アフェア
 CIA諜報員アニー
 アニー・ウォーカー役

●ホワイトカラー
 サラ・エリス役

●HAWAII FIVE-O (シーズン2)
 ロリ・ウェストン役

●太王四神記
 カクタン役

●スーパーナチュラルⅢ
(サードシーズン)
 ルビー役

●ウィッチマウンテン
〜地図から消された山〜
 サラ役  etc...


☆ボイスオーバー☆

●NHK地球ドラマチック
●BS世界のドキュメンタリー etc...


☆アニメ☆

●ゼロの使い魔 
ジェシカ役

●夏目友人帳
 瓜姫 役

●ねぎぼうずのあさたろう
 パプリカ・ムクレール3世 役

●タクティカルロア
 虹浦鈴音 役
 恵美アイナ役 etc...


☆ゲーム☆

●ヒイロノカケラ
〜新玉依姫伝承〜
 鴉取千尋 役

●ワンド・オブ・フォーチュン
 ヴァローナ役
 クレーネ役 etc...


※写真の無断転載は
 ご容赦ください
ブログ内検索
Copyright © ●さまよえる蒼いHIGUCHI● All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]