忍者ブログ
俳優(声優)・樋口あかりの血管の中が沸騰するようなしないような日々についてのブログです。
[239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [228
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


劇団四季のソング&ダンス『55 Steps』を観てきました。

創立55周年記念公演ということで、
今まで上演されたいくつかの作品の中から、
ミュージカルシーンをピックアップしてつくられた、
とてもお得感のあるステージ。
…とは言っても、樋口はほとんどの作品を観たことがないので、
半分以上、何の歌か分かりませんでしたが(笑)

一番心に焼き付いたのは、『ノートルダムの鐘』のナンバーで
エスメラルダ役として踊っていた人。↓
踊りの良し悪しってよく分からないんですが、
何故だかすごく目を奪われましたね。
美しくしなやかで、それでいて隙がない。
口ぽかーんで、ちょっとした溜め息がもれそうな感じで観てました。

あとは『美女と野獣』のBe Our Guest。
あの食器達のおもてなしシーンのナンバーですね。↓
 他のナンバーもこのステージ用にアレンジされていましたが、
これもそうです。
燕尾服にシルクハット・ステッキを持った人達の群舞になっていました。
振りがいちいち格好良かったですね。


終演後、お客さん達はものすごく盛り上がってて、
惜しみない拍手を延々と送り続けていました。
こうやって、常に観客を満足させ続けるクオリティ。
やっぱ55年は伊達じゃねぇんだなと、改めて実感しました。と同時に、
「やはりエンターテインメントというのはこうでないと!」と、
しみじみ感じました。
私も、観客(視聴者)に目一杯楽しんでもらえるような事が
できるようになりたいものです。


ひとつ。
残念だったのは。
『オペラ座の怪人』ナンバーの演出が、私的にちょっとアレだったこと。
歌のみ(ファントム)&バレエのみ(クリスティーン)の絡みだったんですが、
途中から男性ダンサーが現れ、「何!?ラウル!?」みたいな。
「ラウルが来る場面ちゃうやんここ!」みたいな。
でもラウルなのか、ファントムの代わりっていう意味なのかどっちかよう分からん、
いやでもファントムの代わりならしょっぱなから出てこやなあかんやん、
いやでもえーちょっと意味分からんしかもファントムの衣装ちょっと変やしカースユーー!!!

みたいな。


...すみません取り乱しました。




とにかく、やっぱり四季はすごいんだなぁと感心してしまった&刺激を受けた一日でした。


拍手

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
コラム/声優への道
樋口が通った声優養成所についての回想記事を書いています。好評連載中!(※ facebookの「STORYS.JP」というアプリに登録することで、全文読むことができます。
カウンター
プロフィール
HN:
樋口あかり
性別:
女性
職業:
俳優/声優
趣味:
ファミコン・昆虫観賞
自己紹介:
主に吹き替え・ボイスオーバー等の仕事を中心に活動しております。


<主な出演作品>

☆吹き替え☆

●イ・サン
 嬪宮(ピングン)
 孝懿(ヒョイ)王妃 役

●コバート・アフェア
 CIA諜報員アニー
 アニー・ウォーカー役

●ホワイトカラー
 サラ・エリス役

●HAWAII FIVE-O (シーズン2)
 ロリ・ウェストン役

●太王四神記
 カクタン役

●スーパーナチュラルⅢ
(サードシーズン)
 ルビー役

●ウィッチマウンテン
〜地図から消された山〜
 サラ役  etc...


☆ボイスオーバー☆

●NHK地球ドラマチック
●BS世界のドキュメンタリー etc...


☆アニメ☆

●ゼロの使い魔 
ジェシカ役

●夏目友人帳
 瓜姫 役

●ねぎぼうずのあさたろう
 パプリカ・ムクレール3世 役

●タクティカルロア
 虹浦鈴音 役
 恵美アイナ役 etc...


☆ゲーム☆

●ヒイロノカケラ
〜新玉依姫伝承〜
 鴉取千尋 役

●ワンド・オブ・フォーチュン
 ヴァローナ役
 クレーネ役 etc...


※写真の無断転載は
 ご容赦ください
ブログ内検索
Copyright © ●さまよえる蒼いHIGUCHI● All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]